旭川からの野鳥情報

  ポンガワが旭川市とその周辺で観察した野鳥の情報です

   
カテゴリー「道内鳥情報」の記事一覧

冬鳥・猛禽三昧

今シーズンは、なかなか出会うことのない冬鳥や猛禽類にたくさん出会うことができて、HAPPY BIRD’S DAYSです。
1.サロベツのケアシノスリ。この日は全部で6羽確認。

2.市内で確認された記録は何年前でしょう?ユキホオジロ。
3.今年はベニヒワの当たり年。町内でも何度も見れるほど。
4.オオワシのなる樹。今年も、たわわに実ってました。
5.コクガン幼鳥。陸で雑草を食むこともあるんですね。
6.2013年のおおとりは、念願のシロハヤブサ(幼鳥)でした。往復1200km走破。
7.新年の初鳥は、アンテナのハヤブサでした。
8.神居古潭のオオワシ成鳥・幼鳥も、無事年越して元気。
9.待ちに待ったキレンジャク降臨。前日、層雲峡まで行って探したのに・・・ 1/14 -markee-
 ケアシノスリ ユキホオジロベニヒワ
ワシノナル木コクガン幼鳥 
シロハヤブサ幼鳥                          ハヤブサ
オオワシ
 キレンジャク

ハイイロチュウヒ

晴れ間を縫って、もう コミミズク ハイイロチュウヒ など入ったかなと、南下しました。
いつものルートを巡りながらも、「入ってないな、皆さん良く知ってるな、誰もいないなー」と昼食後最終コースへ。遠目にカメラマンが二人程見えます。「何か居てるみたい」と邪魔をせぬように少し離れて停車。見渡すと居ました。ハイイロチュウヒの♀。すぐ近間を飛んでくれました。
さらに遠く、二十人ほどのカメラマンが。そっと近づいてお伺いすると、コミミズクを待っているとの事。私達は見ることが出来ませんでしたが、少し遅れたが入っているとの事。
少し楽しみが増えました。  -フラヌイ-
 ハイイロチュウヒ♀ ハイイロチュウヒ♀ ハイイロチュウヒ♀ ハジロカイツブリ シノリガモ シノリガモ コウライキジ

好天に誘われて

道路がそれほど凍ってないので、少し遠出をしました。
お目当ての鳥たちには会えませんでしたが、マガンが100程、カラスやカモメに追われるハヤブサ、ひたすらお休みのカンムリカイツブリ、採餌に余念がないハジロカイツブリ、ガイシが邪魔でこの角度でしか写せなかったチョウゲンボウ♀、釣り人の前に顔を出したアザラシ。
太陽を久しぶりにたっぷり浴びて、ホットした1日でした。   12月19日 -フラヌイ- マガン ハヤブサ カンムリカイツブリ ハジロカイツブリチョウゲンボウメス アザラシ

思わぬところで  ノスリ コチョウゲンボウ♂ コクガン若  オオモズ

天気の良い日は鳥に会えぬかと、近間をウロウロしています。
あわてて車を止めて撮影した、カラスに追われるノスリ。
何か止まっていると思い停車、覗いてみるとコチョウゲンボウ♂。(♀は来てくれていましたが♂は初めてです。)車内からの撮影中、後ろから大型車が通過、すぐに飛ばしてくれました。
家禽と間違うようなコクガン若。(多分野性だと思います)
人に場所を教えて頂いた5年振りのオオモズ。
ツルツル路面にならないよう願っています。      12月5日        -フラヌイ-
上から、ノスリ、コチョウゲンボウ♂、コクガン若、コクガン若採餌に夢中、オオモズ、オオモズ
 11/30 12/4 12/3 12/3 11/18 11/18

ケアシノスリ   コクガン  

久しぶりに遠出しました。強風と雨が降ったり止んだりの生憎の天気でしたが何とか目的達成。
束の間の晴れ間にケアシノスリに会えて大満足でした。他はクロガモ、シノリガモ、スズガモ、セグロカモメ、カモメ、オオセグロカモメ、シロカモメ、ベニヒワ等。
悪天候にめげず出かけて良かったです。
 11月23日           -hojihoji-
  ケアシノスリ ケアシノスリ コクガンウミアイサ♀

食物連鎖              クマタカ

毎年、オオワシ・オジロワシ調査を行う場所の様子を見に行きました。
まだどちらも見かけられませんでしたが、彼らの餌資源の一つと考えられる鹿の死骸が。
今はキツネとカラスが群がっていました。
 離れた木の梢にはクマタカ成長が1羽。                    11月14日   -フラヌイ-  クマタカ1 クマタカ2 クマタカ3


道東のハクガン 

牧草地など民有地に囲まれ、人が近づけない沼。遠くからの観察ですが40~50ほどのハクガン。 
マガン ヒシクイ オオハクチョウ カモ の仲間と一緒に、ゆったりしているように見えます。
海辺ではクロガモ ウミウ ミツユビカモメ ウミネコなど (14日)。      -フラヌイ-ハクガンハクガン飛翔 ハクガン着水 ハクガン飛翔

どなたさまでしょうか?

初めて投稿させていただきます。
先週末、宮島沼にガン類を見に行ってきました。
マガンの飛翔写真に見慣れない鳥(ガン類と思われます)が入っていました。
大きさはマガンと同等かやや小さく、頭部は白く、頸は黒、コクガン、シジュウカラガン、ハクガン、マガン、ヒシクイのいずれでもないと思われます。
カオジロガンは似ていますが目先の模様、腹部の色が違います。また、日本に渡る可能性もほとんど無いと思われますが・・・・さっぱり判りません。
判りにくい写真ですが、どなたか同定をよろしくお願いします。
                                              -yasukawa-
 

タカの渡り

ハチクマには少し遅く、ノスリ ヒヨドリなどには少し早い。中途半端と思いましたが室蘭へ行ってきました。
思いのほか次々に出てくれて、周りのバーダーさんにも助けられ、楽しく鳥見が出来ました。

ノスリ ハチクマ チューヒ ミサゴ オオタカ ハイタカ ツミ トビ ハヤブサ チゴハヤブサ など。
                                                    フラヌイ
 タカ柱 ノスリ ハチクマ暗色型
 ハチクマ淡色型
 ミサゴ
アサギマダラ

網走方面

 クルーズに乗船したいと再び網走へ。日頃の行いが悪いせいか、波が高く中止。
船長さんの話によると秋は多いとか。私のせいだけではないのだ!!
涛沸湖 能取岬 呼人 卯原内 キムアネップなど巡りましたが、会えませんでした。
                                                      -フラヌイ
(卯原内 タシギ・ユリカモメ  能取岬 ヒメウ  涛沸湖 オカヨシガモ  小清水 クロガモ)
 タシギ胸
 ユリカモメ狙う
 ヒメウオカヨシガモ 
クロガモ

Copyright ©  -- 旭川からの野鳥情報 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS /  /